国見岳へ

5月23日(火) 仁田から国見岳へ tetu-1&レアル 曇り時々晴れ間あり

本日尾根から国見岳の様子伺いで出かけた相方さんとレアル~101.png
私は予定ありでお出かけならず~142.png

c0042869_18352907.jpg
c0042869_18351429.jpg
c0042869_18344634.jpg
レアルもしっかり国見岳登頂だったそうで沢山の出逢いも楽しんだかな~165.png

さて国見岳はこの週末には見頃となりそうな雰囲気ですね~車道脇のジャケツイバラも開花が進んでおります~169.png
さて我が家は25日より暫しお出かけです~雲仙へお越しの皆様お楽しみ下さいね~174.png


[PR]
# by otohime_22 | 2017-05-23 18:48 | レアルと一緒 | Comments(0)

雲仙で遊ぶ

昨年末に病気が判り、2月に13時間に及ぶ手術を受けた弟~119.png
まだまだ傷跡が痛々しいのですが・・・・・
無事に仕事にも復帰しこの度母に顔見せ~暫しの休暇で慌ただしい数日でした
c0042869_08045697.jpg
21日(日) 大混雑予想でしたが、何とか仁田峠を満喫後、妹夫婦と雲仙温泉での一泊を企画~101.png

とは言え現在の弟では目の前のご馳走も全ては食べれず~150.png
限られた食事ではありましたが、何より母が嬉しそうで良かった~
仁田峠の坂を元気よく歩くも「もう来年は無理やろうね。今年が最後かなぁ~」と自分の事を呟いておりましたが・・・
「そのセリフ昨年も聞いたよ」と私~「まだまだ10年は大丈夫でしょ」
c0042869_08051045.jpg



ともあれ弟の元気が母の活力の素らしいので無理せずまた顔見せてやってね~165.png

c0042869_08043953.jpg
そんな週末で尾根までは行けず~麓散策~先週蕾だった「シソバタツナミ」が開花です
「トンボソウ」準備中~
ミヤマキリシマは仁田で見頃となりこれよりは妙見・国見・普賢と登っていきますね
今日はどうでしょうね~夕刻にはお知らせ出来るかな~169.png

[PR]
# by otohime_22 | 2017-05-23 08:30 | じもティー | Comments(4)

未だまだ定点観測続く・続く~

5月20日(土) 吹越から国見岳 2名 晴れ

c0042869_20074864.jpg
c0042869_20080410.jpg
久し振りの急登を尾根まで頑張ると~「えぇ~っ!昨日の今日なのに・・・」の国見岳斜面はミヤマさんの彩りが~109.png
吹越駐車場には既に6台程の車があり登り始めると下山のお方とすれ違いです
c0042869_20085879.jpg
目立っていた「コバノガマズミ」準備中はアズキナシ~
最初から最後までキツイ登山道ではありますが、木々の目覚めも多く楽しみながらのゆっくり登りです166.png
c0042869_20092054.jpg
ツリバナやオトコヨウゾメの可愛い花に準備万端はヤマボウシやタンナサワフタギ169.png
尾根では沢山の登山者さん達が国見岳へと向かうようで~やはりこの時季は大渋滞でした147.png
c0042869_20084072.jpg
c0042869_20082478.jpg
ともあれ本日もお庭巡りを満喫~楽しい出逢いもあり良い山歩きとなりました~感謝!
喧噪を避け静かな歩きが楽しめる吹越ルート~お奨めです165.png

で、この好天が続くと週明けには見頃となるかも~「国見岳」
c0042869_20073611.jpg
吹越(9:30)~妙見尾根(10:28)~国見分かれ(10:41)~国見岳(10:58~11:40)~妙見尾根分岐(12:04)~吹越(12:47)

画像は全て5月20日の情報となります

[PR]
# by otohime_22 | 2017-05-20 20:42 | 花のささやき | Comments(0)

定点観測は続く

2日経ち~尾根のミヤマキリシマはさてさて~110.png
お天気も良く、久し振りの山友さんと御一緒歩き~174.png

5月19日(金) 普賢岳 4名 晴れ




仁田峠は見頃となりました~ゆっくり妙見方面へと登り尾根の様子も伺いながら紅葉茶屋からのピストン「普賢岳」
c0042869_06273876.jpg
遠路からの
c0042869_06272304.jpg
登山者さん方も多かったような~146.png
山頂では「のぼろ春号」で3泊4日島原半島の歩き旅をされた山ガールさんとの出逢いがありました165.png

尾根から国見岳方面~

c0042869_06275449.jpg
普賢山頂から尾根斜面を眺める~下った鬼人谷への長い木段が見える~119.png

c0042869_06280437.jpg
山頂のミヤマさんの開花も進む
c0042869_06285025.jpg
ヤマボウシやミヤマザクラも目立ち始めて~カマツカ(うしごろし)は蕾一杯で準備中~
コケイランは彼方此方でお出迎えでした169.png
c0042869_06294061.jpg
紅葉茶屋では少々事情ありのお二方を仁田まで誘導し6人となり~148.png
兎にも角にも無事の下山で良かった良かった~168.png


c0042869_06291148.jpg
今日・明日と大賑わいとなりそうですね!
国見方面は週明けから開花が進みそうです171.png

其々に近況を報告しながらのゆっくり御喋りタイムが多い山歩きとなりましたが、本日もお付き合い感謝~
次は・・・・・どこへ

PS:仁田循環道は8時開きですが、この時季少し早めに開けますよぉ~
  但し週末の仁田峠では登山者さんの車は池之原へと下される可能性大です~要注意


[PR]
# by otohime_22 | 2017-05-20 06:59 | 山歩き | Comments(0)

毎度のお庭巡り

尾根のミヤマさんは・・・・・とお天気に誘われてまたまたお出かけです168.png

相方さんが朝一所用ありで山お休み??と思いきや、やっぱりお出かけする事になり~
11時近い事もありチョッと軟弱モード~146.png

5月17日(水) 新道から普賢岳へ 2名 晴れ

仁田峠は観光客やミヤマ詣での大型バスで大賑わい~朝の新聞等でも「見頃」との記事&写真でした
c0042869_19565769.jpg


c0042869_19564683.jpg
一気に妙見へ~(ってロープウェイじゃん)~109.png
です・です~(笑)
c0042869_19573728.jpg
尾根歩きから始まりまして~国見岳方面はまだまだミツバツツジが鮮やかで、ミヤマキリシマは2分~3分の処かな
c0042869_19563602.jpg
鬼人谷への下り道が補修されていて助かりました~165.png
此処では既に吹越へと戻られていたUさんご夫婦とばったり~「本みましたよ!」とのお声頂きまして嬉しい事でした!

新登山道へ入ると静か~オオヤマレンゲの様子等を見ながらゆっくり歩き~鳩穴分かれの休憩では栃木からのご夫婦と暫し歓談です
この後は二組でのヒカゲツツジから普賢岳となりました169.png
c0042869_19572440.jpg
「ヒカゲツツジ」「オトコヨウゾメ」「ミヤマザクラ」
山頂から一足お先に下山~紅葉茶屋では国見岳から下山中のパーティーさんとお話し~
何と「福岡県の山」著者五十嵐さんとお知り合いとの事で山談義が弾みました101.png
二上さん、今後とも宜しくです~174.png


c0042869_19562563.jpg
「タンナサワフタギ」「サワフタギ」「ケハンショウズル」

木々の花も楽しみながら薊谷から仁田峠へと戻ったのが15時過ぎになりまして
まだまだ仁田の賑わいは続いておりましたよぉ~!

之からミヤマさんが国見岳や普賢岳へと登って行きますね~楽しみです172.png

画像は全て5月17日の情報となります。


[PR]
# by otohime_22 | 2017-05-19 05:04 | 山歩き | Comments(0)

奥雲仙

一人占めの山頂を満喫~101.png
山頂からの多良山系

c0042869_06093926.jpg
雲仙山系ではミヤマキリシマの時季となり仁田峠など見頃との情報で大賑わいの予想~
「雲仙お山の情報館」開花情報第6号
地獄地帯    (約680M)花期終了
宝原      (約750M)満開
池の原      満開
仁田峠     (約1100M) 8分咲き
妙見・国見岳周辺(約1340M)3分咲き   23日以降見頃予想

5月16日(火) 九千部岳 単独 晴れ
で、気になるお花もあり一人ゆっくり九千部岳へと出かけてみました。
とは言っても楽々コースの吹越から~この選択が意外にGood~165.png
c0042869_06021152.jpg
ヤマツツジやミヤマキリシマのトンネルとなった九州自然歩道は木々の花達も迎えてくれ~169.png
c0042869_06035960.jpg

紅白「コバノガマズミとミヤマ」

c0042869_06025097.jpg
ハルグミ?ハイノキの白い花

c0042869_06024049.jpg
ハナイカダの小さな花とツリバナ&ドウダン準備中~車道脇はジャケツイバラ
c0042869_06022693.jpg
「コガクウツギ」「マルバウツギ」「ツクバネウツギ」

c0042869_06030968.jpg
名残ミツバツツジの足元ではフタリシズカやイナモリソウ、金さん準備中
何だかんだのんびりし過ぎて何時もの倍近くでやっと山頂でした~146.png

c0042869_06491053.jpg
さて今年の「ヤマボウシ」は如何でしょうか~一番苞を眺め「ナツツバキ」は期待大の花芽です♪
誰も来ないね~と下山開始のザレザレ下りで天草からの団体さん20名程と出逢っただけの帰り道でした

追伸 山でのびっくりは良くある事ですが・・・・115.png
   以前山頂で「オダマキ」がお手植えされていた事があり~何だかなぁ~
  「ミヤマオダマキがさいていますよ」との連絡を受けて確認した経緯がありましたが~「ミヤマさんでもなく~」
   数年後山頂から姿が無くなったオダマキさんは2年程前からとある場所でお顔出し
   今年も見事な咲具合でお出迎えでした~立派な園芸種~
   でも~この場所にはとても不釣り合いな感じがします~140.png137.png
   と言っても綺麗に咲いておりまして私がどうこう言える立場でもなく・・・・ま、いいか

   
c0042869_06061478.jpg

[PR]
# by otohime_22 | 2017-05-18 06:55 | 花のささやき | Comments(0)

ツクシシャクナゲと新緑を満喫

お初の
c0042869_15063504.jpg
山を前泊にて歩いてきました~109.png

5月14日(日) 茶臼山を経て経読岳(992M)5名 晴れ
c0042869_15073867.jpg
前日は午後2時過ぎまで母と行動を共に~よって我が家を出たのは3時頃となる~
目指す「求菩提キャンプ場」には既に到着のTakaさんご夫婦とサスケさんご夫婦~105.png
我が家は遅れながらも何とか明るい内に夕餉の宵に参加でした~169.png167.png

Takaさん奥様はご帰宅となり5人での山歩きとなりましたが、快適なキャンプ場ログハウスのはずが~148.png
ドジな我が家がご迷惑おかけしてしまった一夜となりまして~皆様には大変お世話になりました~

で、気を取り直して~(笑)

キャンプ場から5分程で立派な「犬ヶ岳登山口駐車場」~既に大勢の登山者さんが~150.png
今回はTaka さんがヤマケイ5月号で紹介のコースをご案内頂き静かなルート歩きでした。
c0042869_15131715.jpg
ウグイス谷の急登りから経読林道出合は帰りの周回地点~登りは之より笈吊峠へと登ります~
犬ヶ岳への分岐ともなるこの峠から茶臼へ向かう尾根がまさに「繚乱シャクナゲ」トンネルとなり~
足が進まず~先の方で「こっちが綺麗よぉ~」との呼び声に慌てて進むの繰り返し~(笑)
c0042869_15075391.jpg
c0042869_15072008.jpg
スポットライトを浴びた花達~

茶臼へ登り求菩提山を眺めて心地よい風に吹かれ~ピストン後は林道横断~休憩後はいよいよ山頂へ
大岩を巻き新緑の中を抜けて最後の登りを頑張り山頂~168.png
c0042869_15065406.jpg
経読山頂から少し下るとベンチがあり三角点はその先~
このベンチにてランチタイムとしました~169.png
此処で85歳のお方と遭遇~元気パワーを頂いた帰り道でした~166.png
c0042869_15081748.jpg
c0042869_15080580.jpg

また小さな花達にも癒されて~数年振りの「ユウシュンラン祐舜蘭」は嬉しい事でした~見つけたミーコさんに拍手~
Takaさんやサスケさん、ミーコさんのお蔭で長い行程も楽しく歩く事が出来、充実の2日間となりました~感謝・感謝

またご一緒下さいませ~有難うございました!

[PR]
# by otohime_22 | 2017-05-17 19:11 | 山歩き | Comments(4)

久し振りの山頂へ

鳥の声で目覚めた朝~あぁ~夜中の雨が結構な音でしたけどね135.png

2日目 5月6日(土) 久住山 1787M 2名  曇り

登山口牧ノ戸は何時も満杯状態で駐車の心配がありましたが~131.png
今回は娘とレアルは長者原散策とした為登山口までの送迎付き

ガスって殆ど見えないのでゆっくり歩いて山頂を目指す~137.png
c0042869_14422404.jpg
登り出して10分程の展望所付近ではキスミレやハルリンドウが足元で癒してくれる~休憩~109.png

c0042869_14420595.jpg

この時季は馬酔木が山を彩り何処を切り取っても「馬酔木」だ~
c0042869_14415412.jpg
扇ヶ鼻も星生も全く姿が見えず、既に下山の方々は口ぐちに「山頂は何も見えませんよ~」と仰るのであります135.png

そうですよね・・・・と応えながら「いやいや!!そんな事はないでしょ」の心の声~123.png
西千里浜を歩くもガスに遮られて久住山の姿はまだ見えず~汗・汗

避難小屋&トイレ広場を過ぎ久住分かれで風は強くなったものの何だか空模様に明るい兆し~
で、山頂では青空が覗き出し風を避け食事中の皆さんが次々に山頂撮影~165.png
c0042869_14425376.jpg
我が家は初めて85g「エスビット」と「固形燃料」16gで山頂ラーメンお試しでした~109.png
少々の風にも強いので便利ですね~ただ、固形燃料が燃え尽きるまでの時間を待つのがね~144.png

c0042869_14432465.jpg

下山すると天気は回復傾向~良くある事ですね!!
c0042869_14430239.jpg
お風呂へ娘共々出かけ駆け付けた山友さんとの楽しい夕餉の宵となりました~167.png
膝を痛めて山休憩のトモピーにも心地良いくじゅうの空気が癒しとなった事でしょう~
今度は一緒に登ろうね~166.png

牧ノ戸登山口(10:10)~久住山頂(12:17~13:09)~牧ノ戸登山口(14:45)

[PR]
# by otohime_22 | 2017-05-10 15:23 | 山歩き | Comments(2)

GW後半は・・・

くじゅうやまなみキャンプ場にて2泊3日

5月5日(金) 3名&レアル 

お天気に一喜一憂しながら出かけたキャンプ場でした~121.png
今回で4度目かなぁ~オートサイトもフリーサイトも賑やかです。
c0042869_13171639.jpg
意外にも高速道路が混んでいなくて早めに着いた我が家~
早速テント設営です~就寝様に2張~オープンテントが1張
レアル様に急ぎ作成した「コット」はお気に入りだったので良かった~169.png

今回は娘が諸々準備したのですが最終的にこれだけの物が良く収まったものだと~146.png
因みに小さな鯉幟もテントに付けておりますが~101.png

一段落後は夕刻まで男池散としまして~花達にもこの風景にも癒された贅沢な時間
c0042869_13174249.jpg
c0042869_13172765.jpg
「オトコヨウゾメ」は可愛く開花でしたが、「ミツバウツギ」が蕾でチョット残念~
でも沢山のチゴユリに出逢えて満足です~165.png

さて・・・・スッキリとはしない空模様でしたが、明日は山登れるのかなぁ~
お風呂へ出かけてゆっくり呑んで「ケセラセラ~♪」で、初日は終了~109.png


[PR]
# by otohime_22 | 2017-05-10 13:39 | レアルと一緒 | Comments(0)

GW明けの雲仙

静かな山頂でした

5月8日(月) 新道から普賢岳へ 2名 晴れ

c0042869_04012155.jpg
5日~7日までくじゅうへ出かけた我が家でしたが、雲仙のヒカゲツツジ様子がどうにも気になる~125.png

鬼人谷口から新道へのルートは国見岳斜面のミツバツツジとヒカゲツツジ、それをムシカリ越に眺めるという贅沢な景色172.png
途中、オオヤマレンゲの花芽も顔出し、今月末にも一番花に逢えるかもと期待です~174.png
c0042869_04024026.jpg
c0042869_04020220.jpg
立岩の峰から点在する岩峰の眺めは心地よい~101.png

c0042869_04022072.jpg
霧氷沢奥は本当にヒカゲなので最後の開花時季には今見頃の花達が終盤となりそう~
きっと賑やかだったろう新道ルートや山頂も静かで小さなホソバノアマナが健気に開花で良かった良かった165.png

c0042869_04014692.jpg
「コケイラン」の花芽も4日前より伸びております♪
仁田峠のミヤマツツジは週末頃より見頃となりそうですね~169.png

またご機嫌伺いに出掛けなきゃです~168.png


[PR]
# by otohime_22 | 2017-05-09 04:31 | 山歩き | Comments(0)